[ A D ]





「タイ映画」英語タイトル [B]



[ サイト内検索 ]
help
※英語やタイ語での検索も可能です。中黒「・」は完全一致が必要です。

英語タイトルの頭文字が「B」のタイ映画です
[ 邦 題 ] [ 英 題 ]
◆バーン・ピー・プープ <Baan Phee Perb>
村人と青年たちに、霊ピー・プープが襲いかかる
◆バーン・ピー・ポープ・リフォーメーション <Baan Phee Phop Reformation>
ピー・ポープをベジタリアンにする研究は成功するのか?
◆バーン・ピー・ポープ <Baan Phee Porb>
「バーン・ピー・ポープ」シリーズの記念すべき第一作目
◆バーン・ピー・ポープ 2 <Baan Phee Porb 2>
ピー・ポープ同士の対決が見られる
◆バーン・ピー・ポープ 3 <Baan Phee Porb 3>
ポープおばさんは人間になってしまった?
◆バーン・ピー・ポープ 4 <Baan Phee Porb 4>
ロケット・エンジン付きスケボーが登場
◆バーン・ピー・ポープ 5 <Baan Phee Porb 5>
少し怖さが増したが…シリーズ五作目
◆バーン・ピー・ポープ 6 <Baan Phee Porb 6>
ポープおばさんの空飛ぶ新兵器が登場
◆バーン・ピー・ポープ 7 <Baan Phee Porb 7>
大ロケーションを敢行
◆バーン・ピー・ポープ 8 <Baan Phee Porb 8>
西洋人のピー・ポープが登場
◆バーン・ピー・ポープ 9 <Baan Phee Porb 9>
シリーズ9作目。ピー・ポープ、バンコクに現る !
◆バーン・ピー・ポープ 10 <Baan Phee Porb 10>
シリーズ10作目、ピー・ポープと子供たちの戦いで幕が開く
◆バーン・ピー・ポープ 11 <Baan Phee Porb 11>
シリーズ11作目
◆バーン・ピー・ポープ 13 <Baan Phee Porb 13>
人気ホラー・コメディー・シリーズ14年振りの第12作目
◆バーン・ピー・ポープ 2008 <Baan Phee Phop 2008>
人気ホラー・コメディー・シリーズ14年振りの第13作目
◆バッド・ジーニアス 危険な天才たち(頭脳ゲーム/バッド・ジーニャス) <Bad Genius>
天才少女たちが、国際的な試験ビジネスに挑む




[ 邦 題 ] [ 英 題 ]
◆バンコク13 <Bangkok13>
2016年3月17日公開
◆バンコック・アドレナリン!!! <Bangkok Adrenaline>
笑いの壺は完全に外しているが、アクションだけは見るべきものがある
◆バンコク・チャイナ・タウン <Bangkok China Town>
チャイナ・タウンを舞台にした本格派ハードボイルド
◆レイン <Bangkok Dangerous>
不遇のヒットマンがこの世に安らぎを見出した時…
◆悪夢の夜に震える事実 <Bangkok Haunted>
消化不良感が残る、劇中オムニバス・ホラー
◆マッハ!ニュー・ジェネレーション <Bangkok Knockout>
これぞタイのアクション、ひとつ間違えば…
◆バンコク・カン・フー <Bangkok Kung Fu>
幼児虐待組織と戦う特撮アクションもの
◆バンコク・ロコ <Bangkok Loco>
ドラマーのドラマーによるドラマー・コメディー?
◆バンコク・ラブ・ストーリー <Bangkok Love Story>
硬派のゲイ・アクション
◆バンコク・ストーリーズ <Bangkok Stories>
2016年9月15日公開
◆バンコク・スウィーティー <Bangkok Sweety>
クリスマスから新年にかけての5組のカップルたちの愛の行方は
◆バンコク・トラフィック・ラブ・ストーリー <Bangkok Traffic Love Story>
タイで大ヒットした、BTSを舞台にした、心温まるコメディー・ラブストーリー
◆バーン・ラチャン <Bang Rajan>
ビルマ帝国の侵攻に立ちはだかった3ある村の物語
◆バーン・ラチャン 2 <Bang Rajan 2>
バーン・ラチャンの戦いが、迫力ある映像で再び蘇った
◆バーン・ター <Bang Ta>
「マン・プリーアオ・マーク」に関連したショート・ムービー
◆バントゥク・ラック・コーン・ピムチャウィー <Banthuk Rak Khong Phimchwi>
女は男に裏切られても、ひたすら彼の愛を待ち続ける
◆バープ・サワート <Barb Sawass>
結婚はしたのだが…
◆バトルヒート(スキン・トレード) <Battle Heat(Skin Trade)>
2015年7月25日、日本公開予定




[ 邦 題 ] [ 英 題 ]
◆ビースト <The Beast>
封印を解かれた猿の霊が人間を襲う
◆ビューティフル・ボーイ <Beautiful Boxer>
実在のキック・ボクサー=パリンヤー・チャルーンポンの半生
◆ビー・ボーイ・アイ・ラブ・ユー <Be Boy I Love You>
ゲイ青年の友情と愛情を描く
◆ベッドサイド・ディテクティブ <Bedside Detective>
ハートフルな発明家探偵物語
◆ビフォー・バレンタイン <Before Valentaine>
バレンタイン・デーの前日、3+1組のカップルの物語
◆絵の裏 <Behind the Painting>
珍しい日本で撮影されたタイ映画
◆絵の裏 <Behind the Painting(Kang Lung Parb)>
日本を舞台にした、青年と結婚適齢期を過ぎた女性のラブ・ストーリー
◆ビハインド・ザ・シーンズ <Behind The Scenes>
映画撮影の表裏にまつわるコメディー
◆ベスト・オブ・タイムズ <Best of Times>
記憶とは短いもの、でも私を長く愛して欲しい
◆ベスト・サポーティング・アクター <Best Supporting Actor>
マーチャー・ワタナパーニットの息子が出演しているラブ・ストーリー
◆ビッグ・ボーイ <Big Boy>
少年はブレイク・ダンスを通し、祖父の生き方を・・・
◆バイク・マン <Bike Man>
息子は銀行に勤めていたはずが、バイクタクシーの運転手に
◆ビン・ディアオ・イアオ・プラカーン <Bin Diao Yiao Prakan>
古い時代の超セクシー・アクション
◆バイト・オブ・ラブ <Bite of Love>
少女は子犬を探し家出までするが…
◆バレット・ブレイク 死のカード <Bite Till Die: Card of Deth>
なんだこれは???ストーリーは終わったのか?
◆バレット・ブレイク 謎のボックス <Bite Till Die: Killing Box>
タイトルの通り、「謎のボックス」は最後まで謎で何だかわからん
◆ビター・スウィート <Bitter Sweet>
クラビーの大自然をバックに、苦くて甘いコーヒーと愛の物語
◆ビタースイート・チョコレート <Bittersweet Chocolate>
2014年11月20日公開
◆ビター・スイート ボイド・ポッド ザ・ショート・フィルム <BitterSweet BoydPod The Short Film>
人生を描いた13本のショート・フィルムのオムニバス
◆BKKY <BKKY>
2017年8月3日公開




[ 邦 題 ] [ 英 題 ]
◆ブラック・コーフィン <The Black Coffin>
2015年1月29日公開予定
◆ブラック・デス <The Black Death>
タイでは珍しいゾンビを扱ったホラー史劇
◆ブラック・ファミリー <Black Family>
牧場を救うため、家族全員が銀行強盗を思いつく
◆ブラックナイト <Black Night>
香・日・泰、三国競作のオムニバス・ホラー
◆ブラック・ポイズン <The Black Poison>
山岳民族の呪術師 VS. 町の黒魔術師
◆ブラック・ストリート・ラニング <Black Street Running>
典型的な安易な脚本&amp;演出のDVD用肉体派アクション
◆Blind Moon~女子校生吸血鬼伝説~ <Blind Moon>
人気モデルが主演という触れ込みののエロティック・ホラー
◆ブラッド・オブ・グラッジ <Blood of Grudge>
両親と娘が一家心中を図るが、父親は・・・
◆ブルーム <Bloom(Dek Sao)>
2012年11月8日公開
◆蒼ざめた時刻(とき)(ブルー・アワー) <The Blue Hour>
Gムービー・ホラー・ファンタジー?
◆ブルー・スカイ・オブ・ラブ <Blue Sky of Love>
1976年、革命期を描いたドタバタ・コメディー
◆BNK48:ガールズ・ドント・クライ <BNK48: Girls Don't Cry>
アイドル・グループBNK48のメンバーがそれぞれの感情を語る
◆ボア <Boa...Nguu Yak>
あまりにも素早い大蛇の動きに驚き
◆ボディー <Body>
人気バンドSlurのメンバーであるぺーの記念すべき映画デビュー作
◆ダブル・マックス (ボディーガード) <The Bodyguard>
このギャグ、日本に通じるか?
◆アルティメット・エージェント (ボディーガード2) <The Bodyguard 2>
タイ式ギャグ連発の連続のアクション
◆パラサイト・デビル <Body Jumper>
霊はコンドームに弱い?学園ものコメディー、いや、ホラーだ
◆ボディースラム・ナン・レーン <Bodyslam Nanglen>
2013年4月18日公開
◆ボーク・ラオ 9 ルム <Bok Lao 9 Lum>
山間部のリゾートで、二人の若い女性が殺人事件に遭遇
◆ブンチュー プー・ナーラック(ブンチュー 1) <Boonchoo Poo Narak>
タイの「男はつらいよ」シリーズともいえる、人情ドラマ・シリーズの第一作目
◆ブンチュー 2 ノーン・マイ <Boonchu 2 Nong Mai>
大人気青春コメディー・シリーズ第二弾、ブンチューがタムマサート大学へ
◆ブンチュー 3 チャム・チャーク・メー <Boonchu 3 Cham Chak Mae>
大ヒット青春コメディー「ブンチュー」シリーズの第3作目
◆ブンチュー 4 ピー・ヌン <Boonchu 4 Pi Nung>
大ヒット青春コメディー「ブンチュー」シリーズの第4作目
◆ブンチュー 5 ヌア・ホーム <Boonchu 5 Nua Hom>
大人気青春コメディー・シリーズ第五作目、ブンチューの大学生活
◆ブンチュー 7 ラック・ター コン・ディアオ タロート・カーン クライ・ヤー・テ <Boonchu 7 Rak Tha Khon Diao Talot Kal Khrai Ya Te>
大人気青春コメディー・シリーズ第七作目、ブンチュー結婚す
◆ブンチュー 8 プア・ター <Boonchu 8 Phua Tha>
大人気の人情コメディー・シリーズ第8作目、モリー妊娠す
◆ブンチュー 9 <Boonchoo 9>
大ヒット青春コメディー「ブンチュー」シリーズの第9作目
◆ブンチュー 10 <Boonchoo 10>
チェンラーイで密猟者たちと対決
◆ボーン・サラン・オーン <Bong Srolanh Oun>
霊に愛された男が、殺人事件?に巻き込まれる
◆ボアリング・ラブ <Boring Love>
三角関係の愛?それとも友情?
◆ボーン・ブラッド <Born Blood>
アメリカン・オールディーズ・ロック・ミュージックを散りばめた青春物語
◆ボーン・トゥー・ビー・ヤイ (ヤーク・ユー・ヤーン) <Born to Be Yai>
2014年6月19日公開
◆七人のマッハ!!!!!!! <Born to Fight>
スポーツ選手達が悪の武装組織に立ち向かう
◆空低く 大地高し(バウンダリー) <Boundary>
2013年7月18日公開
◆ボックス <The Box>
招き入れられた屋敷で待ち受けていたものは?そして、櫃の中身は?
◆ボクシング・イン・ラブ <Boxing in Love>
2016年1月28日公開
◆ボーイフレンド <Boyfriend>
2016年10月13日公開予定
◆少年義勇兵 <Boys Will Be Boys, Boys Will Be Men>
ある少年達が過ごした時代、太平洋戦争開戦日の実話




[ 邦 題 ] [ 英 題 ]
◆ブレイブ・ファイターズ <Brave>
勇気をもってこの映画を見よう
◆サラシン橋心中 (悲恋の橋) <Bridge of Love>
実話を映画化した悲しい恋の物語
◆ブラザー・オブ・ザ・イヤー(最愛の人) <Brother of the Year>
出来の悪い兄に出来のいい妹、やがて二人の愛情が交錯する
◆ブラウン・シュガー <Brown Sugar>
6つのエロティック・ストーリー、Part1
◆ブラウン・シュガー 2 <Brown Sugar 2>
サハモンコーン社の新人監督に機会を与えるプロジェクト、パート2
◆ブラウン・シュガー(アンカット) <Brown Sugar Uncut>
エロティック作品「ブラウン・シュガー1&2」のディレクターズ・カット版
◆GATOR ゲイター <The Brutal River>
巨大人喰いワニの実話???の映画化
◆リトルファイター 少女たちの光と影 <Buffalo Girls>
2013年8月24日、日本公開
◆ブリット・ワイブズ <The Bullet Wives>
本妻連合V.S.妾連合、タンゴ式銃撃アクション
◆ブンペーン ヒープ・レック <Bunpheng Hip Lek>
実際に起きた「鉄の箱」猟奇殺人事件の映画化
◆ブン・タン・カイ <Bun Tan Khai>
祖父と父が娘(赤ちゃん)のどたばた奪い合い合戦
◆ブッパー・アーリカート(ブッパーありがとう) <Buppaarigato(Haunting in Japan)>
この作品を観て、北海道のニセコへ行きたいと思う人はいないだろうな
◆609 (ロク マル キュウ) <Buppha Ratree>
609号室の愛を邪魔するものは許さない
◆ブッパー・ロティー <Buppa Roti>
「ブッパー・ラートリー」シリーズのパロディーだが
◆バーン <Burn>
ホラーかと思ったらバイオSFもの
◆ブサバ・ボールド・アンド・ビューティフル <Busaba Bold and Beautiful>
泥棒の二人が幼馴染の女性に再会したら、彼女も泥棒になっていた
◆バスレーン <Buslane>
バンコクの路線バスがジャックされた…
◆バトラー <Butler>
幼馴染みの男性との再会に、女心が…
◆蝶と花 <Butterfly and Flowers>
南タイの生活風景を見事に描く
◆バタフライ・イン・グレイ <Butterfly in Grey>
原作者は女性刑務所収監経験者
◆バタフライ・マン <Butterfly Man>
偽りの愛はやがて真実の愛に
◆バイ・ザ・リバー <By the River>
2014年6月5日公開
◆いつか暗くなるときに(暗くなるまでには/バイ・ザ・タイム・イット・ゲッツ・ダーク/ダーオ・カノン) <By the Time It Gets Dark(DAO KHANONG)>
ビックリ、ペーがフルヌードを披露している


【 タイ映画 & ミュージック DVD, CD販売サイト 】
A
D


※各写真、映像、文章等は無断で使用することはできません。
< (C) Copyright managed by Asia Network Co., Ltd./All rights reserved. >