タイ映画(C)
[ A D ]


ブログパーツ




カップル
(カップル/ラック ルアン ローン)
< The Couple >


愛する新婦に霊が取りつき、復讐を・・・
[製作国] タイ [原題] รัก ลวง หลอน
[製作年] 2014年
(10月30日公開)
[日本公開年] 未公開
[監督] タレント・ワン・チーム<ทาเลนต์ วัน ทีม> [出演者] ピチャヤ・ニティパイサーンクン<พิชญะ นิธิไพศาลกุล(กอล์ฟ)>、スチャー・マーナイン(スチャーラット・マーナイン/オーム)<Sucharat Manaying(Aom)/สุชาร์ มานะยิ่ง/ออม(สุชารัตน์ มานะยิ่ง)>、เศรษฐพงศ์ เพียงพอ(เต๋า)、ナッタウィーラヌット・トーンミー(チャー)<Natthaweeranuch Thongmee/วรัลชญาน์ จินดารักษ์วงศ์(ณัฐฐาวีรนุช ทองมี/จ๋า)>、ラウィット・トゥートウォン(ピップ)<รวิชญ์ เทิดวงส์(ปิ๊บ)>、มาลินี แอดเดอเลด โคทส์、วรัลชญาน์ จินดารักษ์วงศ์
[ 参考ページ ]   スチャー・マーナイン(オーム)
[ 参考ページ ]   ナッタウィーラヌット・トーンミー(チャー)
[評価] ★★★
※タイでDVD(英語字幕なし)が発売
 ホラー作品。カーン(ピチャヤ・ニティパイサーンクン)とオーム(スチャー・マーナイン)の若い二人は、愛し合いめでたく結婚をした。しかし、カーンの一族が経営する工場は経営がうまくいっていなかったのだ。そんな工場を、ある政治家(ラウィット・トゥートウォン)が、ある条件の下に援助を申し出た。やがて、新婦のオームが霊に取りつかれてしまい、霊の復讐が始まるのだが…というストーリー。
 Talent 1 Movie Studio作品。本作の監督は、「タレント・ワン・チーム」という名称になっている。プロデューサのピムパカー・トーウィラ(Pimpaka Towira/พิมพกา โตวิระ)女史によると、この作品は複数の人物が監督しており、その中の一番メインの監督が名前を伏せることを条件にメガホンを取ったので「絶対に」公表できないのでこのような表記になったとのこと。
 霊そのものはそれほど怖くないのだが、映像のムードはやや重たく雰囲気が出ていていい感じだ。この作品の弱点は、脚本であろう。霊が復讐するのだが、その理由がやや弱い。というか、この霊となった人物は、殺されたのか自殺したのかがはっきりと分からない。そして、最も憎むべき相手を、あまりにもあっさりと殺してしまっている。映像では、この部分はほとんど扱われていない。それに、作品のラスト、カーンとオームがどうなったのかもはっきりとしない。この部分は観客に判断を任せるということなのであろうが、あまりすっきりとしない終わり方だ。そもそも、霊とオームは友達のはずなのに、なぜ彼女に取りついたのであろうか?
 主演男優のピチャヤ・ニティパイサーンクンがハンサムで、しかも鬼気迫る表情がとてもいい。彼は、映画出演はこれが三本目。デビュー作は日本でもDVD化されている「捨て犬マッカムの大冒険(Mid Road Gang)」<2007年>で、なんと主人公の犬の声を担当している。これからの活躍に大いに期待したい。
 主演女優のスチャー・マーナインは、日本の映画祭で上映された「ジェリーフィッシュの恋 2(イエス・オア・ノー 2/Yes or No 2)」<2012年>、「ジェリーフィッシュの恋(イエス・オア・ノー/Yes or No)」<2010年>の主演女優。ショート・カットの髪形もよく似合っていた。ナッタウィーラヌット・トーンミー(名前を変えた?)は、日本で公開された「心霊写真(Shutter)」<2004年>の主演女優。
 作中で主人公の二人も歌う主題歌「ユット(หยุด)」は、作品のムードに合っていてなかなか良かった。第24回スパンナホン賞では、「最優秀録音賞」に輝いた。原題は、「愛する だます 霊にとりつかれる」という意味。

A
D

ポスター

【 The Couple 】
DVD (タイ版)
DVD販売サイト <AD>


Trailer



MV「ユット(หยุด)」
Sung by อัญชลี จงคดีกิจ



MV「ユット(หยุด)」(Acoustic)
Sung by ピチャヤ・ニティパイサーンクン、スチャー・マーナイン




【 タイ映画 & ミュージック DVD, CD販売サイト 】
A
D


※各写真、映像、文章等は無断で使用することはできません。
< (C) Copyright managed by Asia Network Co., Ltd./All rights reserved. >