タイ映画(D)
[ A D ]


ブログパーツ




デスティニー・ダイアリー
(デスティニー・ダイアリー/デスティニー・ダイアリー)
< Destiny Diary >


日本人モデルが主演のウタイタニー県観光誘致動画
[製作国] タイ [原題] ・・・
[製作年] 2014年 [日本公開年] 未公開
[監督] ソンサック・モンコーントーン<Songsak Mongkolthong/ทรงศักดิ์ มงคลทอง> [出演者] 紺野ゆり<ยูริ คอนโนะ>、タナー・イアムニヨム(ボーム)<Tana(Bom)/ธนา เอี่ยมนิยม(บอม)>、大関正義(オオゼキ・セイギ)<Seigi Ozeki/เซกิ โอเซกิ>、มิ้นต์ ฐิติรัตน์ บุญรัตน์
[ 参考ページ ]   「ディステニー メモリー」 <2015年?>
[評価] ★★★★★
タイ版「Ray」の表紙を飾った紺野ゆり
 ドラマ作品。ウタイタニーへとやって来た日本人女性ライターのマサミ(紺野ゆり)が、(事故で?)直近の記憶をなくしてしまった。手元には絵日記があり、醤油(ショウユ)という女性が記憶の鍵を握っているようであった。その日記をたよりに、記憶を取り戻すためにウタイタニーを巡る旅に出ようとする。ナムプラー(タナー・イアムニヨム)という自分を知っているというタイ人男性と巡り会い、一緒にウタイタニーを巡ることに…というストーリー。
 タイ北部にあるウタイタニー県の観光誘致用ショート・ムービー。上映時間43分。とても美しく描かれており、スロー・トラベル向きなウタイタニーのローカルな様子がよく出ている。映像の美しさと内容のまとまりの良さは、タイの監督の作品とは思えないほど?
 作品の言語は、日本語が基本。これは主人公であるマサミが日本語を話しているためで、タイ人のナムプラーと話すときは英語だ。そして、常にタイ語の字幕が付く。この作品を観た時、どこの国の人に観てもらうためのものであろうかと疑問に思った。日本語が主なので日本人?ところが、ウタイタニーの名所の名前はタイ文字でしか出て来ない。基本的に、セリフの中にも名所の名前は登場してこないので、日本人に寺院の名前などは伝わらないのだ。しかし、日本人に向けたものということだ。もちろん、他に流用することもあるであろうが。
 それにしても、ウタイタニーのプロモーション動画というのはすごい。ウタイタニーは、バンコクから北へ219km程の場所に位置する自然豊かな場所だ。だが、日本人でこの地名を知っている人はほとんどいないに違いない。タイ人の間でさえ、観光地としては有名ではない。はっきり言ってしまえば、超マイナーな場所(県)だ。そんな県が、なぜプロモーション動画を作ったのであろうか?不思議だ。
 主演は、日本人モデル兼女優(自身のブログで、今回が初めての演技と語っている)の紺野ゆり。この方、日本の雑誌「Seventeen」「Ray」で活躍していたモデルで、現在(2014年6月現在)ではタイに住みタイ版の「Ray」ではレギュラーを務めているとのこと。同じくタイを拠点として活躍する、日本人男優の大関正義も出演している。彼は、「山田長政(サムーライ・アヨータヤー/Yamada/Yamada The Samurai of Ayothaya)」<2010年>で、主演の山田長政役を演じた人だ。紺野ゆりの相手役を務めたのはタナー・イアムニヨム。この人は、若き日のカーラバーオ(カラバオ)を描いた「ヤング・バオ(Young Bao)」<2013年>の主演男優。あと、日本のAV女優辰巳ゆいが出ていた「ラブ・サマー(Love Summer)」<2011年>でも、メイン・メンバーとして出演していた。
 この作品、出演者の紺野ゆり、ナムプーラー役のタイ人男優、醤油役のタイ人女優がはつらつとしていていい感じになっている。物語は、記憶をなくしているという設定が唐突ではあるものの、おもしろい内容だ。絵日記の絵が、なかなか素敵であったのが印象的。また、役名の「醤油」と「ナムプラー」、気付く人は気付くでしょうね。
 観光プロモーション用とのことだが、あまり観光地を押し付けていないの所が作品的には好感が持てる。しかし、プロモーション的にはもっと観光地を出さなくていいのか?という気もしてしまう。ちょっと笑ってしまったのは、エンド・タイトルの協力先として、町中のロータリー名が出て来た時だ。まあ、確かにこの作品に協力してはいるが。
 とにかく、きれいな作品に仕上がっている。だが、ウタイタニーには空港もなく行くには不便な場所。この動画を見て、果たして何人がウタイタニーへ行くであるうか?10人?それとも・・・。
 ソンサック・モンコントーン監督には、「ナックウィッタヤサート・ナイ・バンク(Nuk Witayasaad Nai Bank)」<2012年>、「マイ・バレンタイン(My Valentine)」<2010年>、「ビフォー・バレンタイン(Before Valentaine)」<2009年>、「スクリーン(The Screen)」<2007年>などの作品がある。
紺野ゆり Official Blog
Facebook

A
D


本 編



เปิดตัวหนังสั้น Destiny Diary โปรโมทจังหวัดอุทัยธานี เข้าสู่ AEC



MV 「ดาวเคราะห์ OST. Destiny Diary」



【 タイ映画 & ミュージック DVD, CD販売サイト 】
A
D


※各写真、映像、文章等は無断で使用することはできません。
< (C) Copyright managed by Asia Network Co., Ltd./All rights reserved. >