タイ映画(M)
[ A D ]


ブログパーツ




ムアンとリット
(ムアン・アンド・リット/アムデーン・ムアン・カップ・ナーイ・リット)
< Muan and Rid(Amdaeng Muen Kab Nai Rid) >


「男は人間、女は水牛」と言われていた時代の女性の物語
[製作国] タイ [原題] อำแดงเหมือนกับนายริด
[製作年] 1994年 [日本公開年] 1995年(1994年/映画祭)
[監督] チェート・ソンシー<Cherd Songsri/เชิดทรงศรี> [出演者] チンタラー・スッカパット<Jintara Sukhapat/จินตหรา สุขพัฒน์>、サンティスック・プロムシリ<Santisuk Promsiri/สันติสุข พรหมศิริ>、ロン・リティチャイ<Ron Rithichai/รณ ฤทธิชัย>、ドゥワンダーオ・ジャールジンダー<Duangdao Charuchinda/ดวงดาว จารุจินดา>、メンー・ティーラポーン<Man Theerapol/แมน ธีระพล>、バンチャートスィー・ヤマーパイ<Bancherdsri Yamapai/บรรเจิดศรี ยมาภัย>
[評価] ★★★★
※タイでDVD(英語字幕なし)が発売
Amdaeng Muen kab nai Rid (1997) on IMDb
 実話に基づいたドラマ。タイ国において、初めて女性の権利を主張した女性と言われているノンタブリー出身のムアンの物語。農家の娘であるムアン(チンタラー・スッカパット)。彼女は、溺れかけたところを助けてくれた青年層リット(サンティスック・プロムシリ)にほれてしまう。そんな時、父親によりばくちの借金のかたにプーの家へ売られてしまう。しかし、彼女はプーの屋敷を逃げ出し、やがて還俗したリットと一緒になる。だが、プーがムアンは自分の妻であるということを主張したために、ムアンは姦通の罪で囚われの身に・・・というストーリー。
 日本では大映が配給。この作品が、日本において初めて一般に劇場公開された記念すべきタイ映画だ。1994年の第4回アジアフォーカス福岡国際映画祭でも上映された。その後、1995年に日本で劇場公開されているが、これがタイ映画が日本で一般公開された初めてのことだという。
 描き方が古いが、なかなかいい作品になっている。だが、ラストは王室作品みたいで、あまりにも簡単に扱い過ぎ。作品のクライマックスなので、もっと何か工夫すべきであったろう。これが、史実だと言われてしまうと仕方ないかもしれないが。作品の中で、不思議なサボテンだらけの土地が出てくるのだが、あれはどこなのであろうか?今でもあるのなら行ってみたい。
 主演のチンタラー・スッカパットとサンティスック・プロムシリは、当時、共にタイのスーパー・スターであった。特に、チンタラーは国民的スターだ。作品撮影当時、チンタラーは28か29歳。ショート・カットがとても似合っている。
 驚いたのは、作品の冒頭に女性のヌード・シーンがあることだ。乳房が大きくアップとなっている。90年代の作品でヌード・シーンがあること自体にも少々驚いたのだが、その裸が国民的スターであるチンタラーであったから驚き以上のショックであった。映像で観る限り、代役ではなく彼女自身であろう。彼女は、完全に乳房を露わにして正面を向いている。右胸に大きなほくろがあるのだが、他のシーンでもちゃんとほくろは付いていたので・・・。たしかに、チンタラーは「ユア(Yua)」<1987年>ではセクシー・ショットも見せてはいるのだが、なにせ、タイにおいてこれほど人気がある人が脱ぐというのは聞いたことがない。この作品には「18歳超視聴可」の年齢制限が付けられているが、理由はこれであろう。
 知る限り、タイの人気女優で映像の中で完全なヌードを披露しているのは、他にボンコット・コンマーライ(タック)とチューマン・ブンヤサック(プローイ)の二人しかいない。
 チェート・ソンシー監督には、日本の映画祭で上映された「絵の裏(Behind the Painting)」<2001年>、「深海の宝石(プロイ・タレー/Ploy Talay)」<1987年>、「傷あと(The Scar)」<1977年>などの作品がある。

A
D

ポスター等

【 Muan and Rid 】
DVD (タイ版)
【 Muan and Rid 】
VCD (タイ版)
DVD販売サイト <AD>

【物語の時代背景】
 当時の女性の立場を表わす言葉として、「男は人間、女は水牛」というものがあった。タイの国王ラマ1世が1804年に布告した「三印法典」の中には、父親や夫が借金の返済目的で妻や子供を自由に売ることができるという内容が定められていた。このような時代に、本作の主人公であるムアンはタイの歴史上初めて女性の権利を訴えた女性だと言われている。
 ムアンは、ノンタブリー県の農家に生まれた普通の娘であった。彼女はさまざまな目に遭った後、1861年から4年間に渡って訴え続けた。その結果、1965年ラマ4世(チュラロンコーン大王の父。映画「王様と私」の主人公として描かれた王様)の治世に、ついにその訴えがかなえられた。


Trailer



【 タイ映画 & ミュージック DVD, CD販売サイト 】
A
D


※各写真、映像、文章等は無断で使用することはできません。
< (C) Copyright managed by Asia Network Co., Ltd./All rights reserved. >