タイ映画(数字)
[ A D ]


ブログパーツ




367デイ・ヒム・アンド・ハー
(367デイ・ヒム・アンド・ハー
/367ワン・ヒム・アンド・ハー)
< 367 Day Him & Her >


青春真っ盛り、チェンマイの大学生カップルの恋は実るのか?
[製作国] タイ [原題] 367 วัน HIM & HER
[製作年] 2015年
(8月27日公開)
[日本公開年] 未公開
[監督] ถิรวัฒน์ ผดุงการ [出演者] チョンルディー・アモーンラック<ชลฤดี อมรลักษณ์>、カナット・ローチャナイ<ฆนัท โรจนัย>、ウィチャウェート・ウアアムポン<วิชเวช เอื้ออำพน>、ワリッター・ワチラウォン<วริษฐา วชิรวงศ์>、コーウィット・ワッタナクン<Kovit Wattanakul/โกวิท วัฒนกุล>、Takashi Hasegawa、ภัทรา ทิวานนท์、อำภา ภูษิต
[評価] ★★
※タイでDVD(英語字幕なし)が発売
 ラブ・ストーリー。女子大生のタイ(チョンルディー・アモーンラック)は、同じ大学に通うモテモテの男子学生ヘート(カナット・ローチャナイ)に一目ぼれ。やがて、二人は相思相愛の仲になる。しかし、突然、ピー・マイ(ワリッター・ワチラウォン)というタイの恋敵が現れ、ヘートは心を奪われてしまうのだった。だが、ヘートはタイを愛していることに気付き、二人の仲は戻るのだが…というストーリー。
 108 Siam Film作品。チェンマイの大学を舞台にした、青春ラブ・ストーリーという感じの内容。ストーリーは、ただ主人公のタイとヘートがくっついたり離れたりしているだけなのでおもしろ味がない。ピー・マイというライバルが現れたりもするが、友達とのエピソードや学校内でのエピソードがほとんどないのだ。そして、タイとヘートの関係描写も薄いし、ヘートは簡単に相手を乗り換え、そしてあっさりと戻ってきてしまう。これでは、観客は納得しない。
 あと、ベッド・シーンが多いのも気になった。しかも、唐突に二人が一緒に寝るシーンになるのだ。アダルトな要素は全くないのだが、大学生がこんなに簡単にベッドを共にしてしまっていいのだろうか? という気持ちになってしまう。なので、ストーリー的にはタイが妊娠して騒動が起こるぞと思っていたら…であった。それと、プロポーズされて喜んでいたのに、なぜ・・・してしまうのか? 理解に苦しむ。空港でのタイとヘートのすれ違いも、見せ方があまり上手いとは言えない。
 そして、この作品の落としどころというかラストはどうなるのであろうとずっと思って観ていると、なかなか作品は終わらない。あっさりと終るのかと思いきや、舞台はなんと香港へ。ところが、最後に想像を絶するサプライズが待っていた。確かに驚きのラストだったのだが、またもあっさりと終らないのだ。なので、再びサプライズがあるのかもしれないと思ったら、作品はそのまま終了してしまった。ストーリー・ラインはこれでいいと思うのだが、脚本がこれでは・・・という感じだ。
 主演女優のタイ役であるチョンルディー・アモーンラックは、本作が映画デビュー作で厚化粧が少々気になった。そのせいもあり、彼女は役柄に対して年齢がちょっと上過ぎないか?と思ったら、実年齢は19歳であった。

A
D

ポスター

【 367 Day Him & Her 】
DVD (タイ版)
DVD販売サイト <AD>


Trailer



M V 「367」



NEW MV「ความรัก ที่เหงา」



O.S.T.「367 วัน」
Sung by ซาย KPN



【 タイ映画 & ミュージック DVD, CD販売サイト 】
A
D


※各写真、映像、文章等は無断で使用することはできません。
< (C) Copyright managed by Asia Network Co., Ltd./All rights reserved. >