タイ映画(P)
[ A D ]


ブログパーツ




プルック・ピー バレンタイン
(プルック・ピー バレンタイン
/プルック・ピー ワレーンタイ)

< Pluk Phee Valentine >


どこがバレンタインなの?
[製作国] タイ [原題] ปลุกผี วาเลนไทม์
[製作年] 1992年 [日本公開年] 未公開
[監督] チャリン・プロムランシー<Charint Phromrangsi/จรินทร์ พรหมรังสี> [出演者] อธิวัฒน์ สนิทวงศ์ ณ อยุธยา、วันจันทร์ นฤพล、マム・チョクモク<Petchtai Wongkamlao(Mum Jokmok)/เพ็ชรทาย วงษ์คำเหลา(หม่ำ จ๊กม๊ก)>、Noi Poengarm<น้อย โพธิ์งาม>、ナタニー・シッティサマーン<Nattanee Sitthisaman/ณัฐนี สิทธิสมาน>
[評価] ★★
※タイでVCD(英語字幕なし)が発売。
 タイの国民的映画シリーズ「バーン・ピー・ポープ(Baan Phee Porb)」のようなピー・ポープものホラー・コメディー。この作品の詳細が分からない。VCDのジャケットに載っている写真は、作品の中身とは全く関係がない。いかにも男優マム・チョクモクがメインであるかのように写真が載っているが、タイトルバックでは彼の名前は三番目に出てくる。しかもこれは最近の写真で、作品自体は古いものらしく作中の彼はかなり若い。ちなみに、このVCDがリリースされたのは2006年。
 タイでは古い作品のVCDを発売するときに作品が公開された時には無名でもその時に有名になっている俳優の写真を大きく掲載したり、作品とは関係ない内容の写真を使用してジャケットを作るということがあるみたいだ。タイトルの「プルック・ピー バレンタイン」とは、「霊を起こせ バレンタイン(・デー)」という意味だ。ジャケットに載っているキャッチフレーズは「2月14日に霊を起こすな・・・」というものだが、作品のどこがバレンタイン・デーと関係があるのかまったくの不明だ。
 この作品のタイトルで資料を探してもないので、おそらく、作品名を変えてVCDを発売していると思われる。そして不思議なことがある。タイ語のタイトルなのだが、「バレンタイン」という意味のタイ語のスペルがジャケットはあっているのだが本編に出てくる文字が間違っているのだ。「น์」が正解なのだが「ม์」になっている。考えられることは、公開時とタイトルを変えたために本編にタイトルを載せるときに文字を間違えたということだ。そんなことってあり得るだろうか?タイならあり得るかも。
 肝心の作品の出来はというと、古い作品だということを考えればそれなりというところ。ただ、最後はハクション大魔王みたいなのが出てきて、簡単にあっけなく終わってしまったのはちょっと物足りなさを感じてしまう。日本でも昔はやったこっくりさんを行うシーンもある。
 で、この作品の本当のタイトルは何か調べてみた。手掛かりはマム・チョクモクとナタニー・シッティサマーンが共演していること。それと、ノーイ・ポーガームという役者が出演していることだ。探すと、それらしいのが見つかった。「プルック・ピー・マー・チー・ポープ(ปลุกผีมาจี้ปอบ)」<1992年>という作品で、意味は「霊を呼び起こし、ポープを脅せ」とでも訳すのであろうか?監督は「グー・ケーン・コーン(Ngu Keng Kong)」<1995年>のチャリン・プロムランシー。ピー・ポープ女優として有名なナタニー・シッティサマーンも出演している。

A
D

ポスター

【 Pluk Phee Valentine 】
VCD (タイ版)
DVD販売サイト <AD>


【 タイ映画 & ミュージック DVD, CD販売サイト 】
A
D


※各写真、映像、文章等は無断で使用することはできません。
< (C) Copyright managed by Asia Network Co., Ltd./All rights reserved. >