タイ映画(P)
[ A D ]


ブログパーツ




パラレル(ラーン)
(パラレル/ラーン)
< The Parallel(Rang) >


まだ愛してる、まだ心配している、まだ行かない
[製作国] タイ [原題] ร่าง
[製作年] 2014年
(1月9日公開)
[日本公開年] 未公開
[監督] ポン・ウォラワランユー<Pon Worravarunyou/ภณ วรวรัญญู> [出演者] ポンラー・テルー(ポーラー・テイラー)<Paula Taylor/พอลล่า เทเลอร์>、ワニサー・ヌットノン<Vanesa Nuchnon/วนิสา นุชนนท์>、Auttarut Kongrasri<อัฒรุต คงราศรี (เชน)>、Torphong Kul-on、Ratikan Sornsin、二ティポン・ドゥリヤシーハクン<Nitipol Duriyasrisakul/นิธิพนธ์ ดุริยะสีห์หกุล (นิ)>、スパチャイ・アヌサティットワッタナー<Supachai Anusathitwattana/ศุภชัย อนุสถิตย์วัฒนา (แบงค์)>、กานต์พิชชา สถาปิตานนท์ (ขวัญข้าว)、Monsicha Gerdgosum、Thira Chutikul、Ramapa Jirasmittha、デイビッド・アサバノンド<David Asavanond/เดวิด อัศวนนท์>
[ 参考ページ ]   ポンラー・テルー(ポーラー・テイラー)
[評価] ★★
Rang (2014) on IMDb
※タイでDVD(英語字幕なし)が発売
 ホラー作品。少女モバーイ(ワニサー・ヌットノン)の母が経営する雑貨屋が強盗に襲われ、抵抗した母親が殺されてしまう。一方、エムミー(ポーラー・テイラー)は妊娠するが、恋人に眠り薬を飲まされ闇医者の所で堕胎させられてしまう。モバーイは施設に預けられていたが、そんな彼女をエムミーが一時預かることに。すると、エムミーの家では不思議なことが起こり出し…というストーリー。
 Golden A Entertainment(โกลเด้นเอ เอ็นเตอร์เทนเมนท์)作品。冒頭のモバーイの店が襲われたシーンで、すでにホラーとしての感覚には?が付いてしまった。残酷なのだが、ありゃ?という感じなのだ。全体的な作品のムードとしては、かなり怖さが出ている。何かが起こるぞという感じが、常に醸し出されている。しかし、例によって、霊自身の怖さは大したことがない。
 そして、何よりも問題なのはストーリー(脚本)だ。中身がないのだ。常に恐怖感はあるのだが、物語が前進しない。また、作品の最後の方に物語設定上のサプライズがある。それは霊に関してで、これを作品前半で見抜けていた観客がどれくらいいるだろうか?まあ、サプライズというと聞こえはいいが、物語がよく描けていないので観客が勝手に誤解していただけなのだが。確かに、エムミーとモバーイの関係と二人と(特にエムミーと)霊との関係がよく分からなかったのだが、それが最後の方で判明する。えっ?そうだったの?という感じで、少々面喰ってしまう。
 ポスターに「ヤン・ラック ヤン・フアン ヤン・マイ・パイ!!(ยังรัก ยังห่วง ยังไม่ไป !!)」と書かれているが、これがこの作品を観るためのヒントであった。意味は、「まだ愛している まだ心配している まだ行かない」だ。英語版のポスターでは、これがなぜか「Someone wants to replace」となっている。意味は、「誰かがあなたと取り替わろうとしている」だ。これは、明らかに意味が違うし、作品の内容に合っていない気がするのだが。
 この作品はシリアスなホラーものなのだが、最後の最後にコメディー部分があった。突然、デイビッド・アサバノンドが登場し、笑いが起こる。それにしても、彼は「カウントダウン(Cowntdown)」<2012年>でスパンナホン賞の主演男優賞を取ってから、映画に引っ張りだこである。確かに、おもしろいキャラクターだ。
 少女の役名は「モバーイ(โมบายล์)」である。これは、英語の「Mobile」のこと。そして、作品中でもエムミーが、タブレット型端末で自宅に設置した監視カメラの映像を観ているシーンが度々登場する。この作品の関係者は、モバイル関係の製品が好きなのであろうか?
 「18歳超視聴可」の年齢制限が付いているが、堕胎シーンがあるのとちょっとだけ霊による残酷シーンがあるからであろう。子役のワニサー・ヌットノンは、おそらく映画初出演。興行収入はUS$142,202。数字は小さいが、これはコケたというより上映スクリーン数が少なかったから。
 主演女優のポーラー・テイラーは、日本の映画祭で上映された「恋するリトル・コメディアン(The Little Comedian)」<2010年>やDVD化された「呪信 999(999-9999)」<2002年>、「メモリー 君といた場所(The Memory)」<2006年>などに出演している人だ。英題の「Parallel」という単語には「平行」「類似」「比較」などという意味があるが、本作の場合どういう意味なのだろうか?原題は、「形」「姿」「体型」などとと訳すのか?

A
D

↑ 海外版
ポスター

【 The Parallel 】
DVD (タイ版)
【 The Parallel 】
DVD (タイ版)
【 The Parallel 】
VCD (タイ版)
DVD販売サイト <AD>


Trailer(International)



Trailer



ビハインド・シーン



【 タイ映画 & ミュージック DVD, CD販売サイト 】
A
D


※各写真、映像、文章等は無断で使用することはできません。
< (C) Copyright managed by Asia Network Co., Ltd./All rights reserved. >